毎週日曜更新予定 警察官になりたい方を応援をしていますので、質問があれば答えられる範囲でお答えします。

温泉ソムリエになりました

温泉って、何があれば温泉と呼べると思いますか?

答えは

1 源泉温度が25℃以上

2 「溶存物質の総量」「総硫黄」「二酸化炭素」など含有成分に関する7つの特定条件のうち1つ以上規定値(水1㎏のうち1000㎎以上含まれている)に達している

この2つの条件のうち、どちらか一方に当てはまっていれば、温泉になります。

ちなみに、1の25℃のみに該当した場合の温泉を、「単純温泉」といいます。

まず赤くなっている所を見ます。なお、溶存物質が1000mg以上あると療養泉になります。

温泉ソムリエになると、

温泉の効能(本来は適応症と呼ばれますが、分かりやすいようにあえて効能と記載します)が分かるようになったり、温泉の成分表の見方が分かるようになるため、温泉の看板には書かれていない隠れた効能が分かるようになります。

少し詳しく解説すると下記の通りです。

まず、効能がある温泉を、療養泉(りょうようせん)と呼び、身体の不調を治す効果があると考えられておりますが、一部訂正があります。

それは

イルカさん(オス)

温泉に病気を緩和したり、治したりする効果はありません。

こいたん

そんなにはっきりと断言されると、多少なり病気に効果があると思っていた分ショックだわ

イルカさん(オス)

温泉(療養泉)は、あくまで病気の予防に効果があるものなので、病気の治療は病院に行って下さい

こいたん

まぁ、病気の治療は、やっぱり病院に行くことか

次に、温泉の隠れた効能とは、

温泉には「泉質」と呼ばれる項目があり、この温泉はこういった温泉だから、こういった病状の予防に良いですよと、記載できるものです。

ですが、この項目に記載できる基準値に達していなくても、効能としては弱いですが、病状の予防になるものを、成分表から読み解くことが出来るのです。

この温泉ソムリエを知ったきっかけが、

たまたま掛けていたラジオ番組で、温泉ソムリエを取得している方が、温泉ソムリエについての魅力を発信していて知りました。

聞いた時は、

こいたん

へーこんな資格があるのか、面白そうだなー

くらいしか思っていませんでした。

この時は、前職が色々忙しく、好きな温泉を楽しむほど心の余裕がありませんでした。

仕事を辞め、何かしてみたいことを考えてみた結果、自分自身を発信することが挙がりました。

せっかくなら、何か自分の好きな事を楽しく発信できたらと思って、「温泉ソムリエ 資格」で検索してみると、資格についての概要が分かりました。

ここで、資格取得の概要について説明します。

資格自体は、1日4時間くらいの座学を受けることで取得できます。

他にも、

オンラインの座学を受け、テストで合格することで取得できたり、

1泊2日の合宿形式での取得もあり、こちらは実際に温泉に入ったりして、正しい温泉の入浴法を学ぶことが出来たり、

勉強後の飲み会があったりと、イベント感覚で楽しめそうなコースと言えます。

資格取得するために必要な物は、1日座学の場合ですと、

費用の26,400円

のみで、その後資格の更新料等はありません。

温泉ソムリエを取得すると、さらにステップアップとして

温泉ソムリエ地域活性化マスター

温泉ソムリエ温泉分析書マスター

水・温泉ORP評価アドバイザー

があります。

講座を受けた感想ですが、

講義には、温泉好きの方が温泉について学びに来たといった雰囲気があり、講師の方も熱心に温泉についての知識を説明してくれるので、健全な講座だと思いました。

講座受講時に貰えます。テキストは458ページもあり、温泉についての知識が書かれています。

最後に

絶対に良い温泉もないが、絶対に悪い温泉もない

その時に自分に合っている温泉が良い温泉です

これは、講師で家元である遠間氏が講座の際に言っていたことですが、

効能が強い温泉も、人によっては湯あたりしてしまったりするので、

優しい温泉(効能が弱い)の方が、自分に合っていると思えば、その温泉が自分にとっての一番良い温泉になる。

温泉は、全ての人を受け入れてくれる、懐の深いものだと感じました。

見てくれてありがとうサイトの構成も少しずづ温泉よりに変えていこうと思ってます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアで繋がりましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)