毎週日曜更新予定 警察官になりたい方を応援をしていますので、質問があれば答えられる範囲でお答えします。

警察社会では、お酒を飲めた方が良いのか?

私見としては、お酒は飲めた方がいいですが、飲めなくても全然問題ありません。

私が入社した時(約15年くらい前)は、仕事場での飲み会が、歓送迎会と、忘年会をやる他に、先輩からの誘いで、週一くらいのペースでありました。

もともと、お酒は好きな方でしたので、週一でも全然苦ではなく、先輩達に対して気は使いますが、お金を使わずに飲めたので、

こいたん

いい環境だったなぁー

と思っておりました。

ですが、10年くらい前から、職場での飲み会は、自粛するムードになりました。

理由として、飲み会で泥酔し、他県の警察官に保護されたり、何かしらの犯罪をしてしまう等の不祥事が相次いだからです。

それと、飲酒三原則という鉄の掟が、警察部内にあるのですが、それに抵触して飲んでいた者が不祥事をやらかすと、不祥事を起こした当事者と飲んでいた他の同僚にも、重い処分が課せられる様になったため。

こいたん

飲み会が嫌いな人にとっては、ありがたい環境になってきたな

しかし、会食の席は減ってはいますが、歓送迎会と、署の大会議室で行う年末の忘年会については、無くなりませんので、その席で若手がやるべきことについて、お話したいと思います。(コロナ中は、飲み会は一切ありません)

目次

ビール瓶、自分のグラスを持って、空いてるグラスに注ぎに行け!

乾杯の挨拶が終わり、一斉に一口飲むので、すかさず、自分の近くにいる幹部又は先輩のグラスにビールを注いでください。(この時、両手をビールに添え、ラベルは上を向くようにして注いで下さい)

自分が注ぐと、相手からもビールを注がれるので、グラスを空にするか、少し口を付け、ビールが入る様にしてから、注いでもらってください。(注がれたら、少し飲みましょう)

その後、会食タイムが入るので、移動して注ぎに行くのを堪え、少し時間をおいてから、今の要領で、自分の担当する幹部や先輩に、注ぎに行って下さい。

ソフトドリンクを制する者は、人間関係を制する

土偶戦士(♂)

何を言っているんだ??

と思っているでしょうが、誰がソフトドリンクを飲んでいるかを把握することは、極めて大事なんです。

何故なら

ソフトドリンクは、グラスを注がれることが無い

ソフトドリンクを飲んでる人は、自分でドリンクコーナーに行って、グラスに氷を入れ、ペットボトルでグラスに注ぐ感じになるのです。

それを新人が、会議室の片隅にあるドリンクコーナーで作ってきて、さらっと

「ソフトドリンクお持ちしました」

みたいな感じで、スマートにやると、

ペンペン(オス)

お、こいつ分かっているな!よし、気にかけてやろう

という、気持ちになってくれるのです。

新人の頃、仕事で自分の見せ場を作るのが難しく、せめて飲み会で気を遣うことで、見せ場を作ってました。

仕事が出来る人は、自分の若い頃の大変さを忘れていないため、こういった気遣いを、大切にしてくれます。

その甲斐あってか、何度も仕事でのピンチを助けて頂けました。

後片付けをしっかりと

お店での会食で座敷の場合は、靴を揃えて出したり、靴ベラを渡したり、忘れ物が無いかのチャックをします。

署内での会食だと、オードブルなので、生ごみは大きな袋に入れ、飲み残しの飲料は、バケツに入れ、流し場で流したり、会議室の机と椅子を、元に位置に戻す様な作業をします。

悪い先輩だと、このめんどくさい片づけをしないで帰ったりします。

ですが、幹部も片付けに参加してくれるため、そういったズルは、すぐにバレてしまい、評価を落してしまいます。

新人(卒業配置署にいる間)の頃は、下に後輩が付いても、一生懸命やっていた方がいいです。

今回、飲み会について書きましたが、書こうと思いったいきさつがあります。

それは、先日、恩師にあたる方の誕生日だったので、ささやかな会を開きました。

その会では、私が最年少なため、若い頃の気持ちでお酌に気を配っていると

こいたん

あぁ、当時の経験が今でも生きているなぁー

と実感したのがきっかけでした。

若い頃の苦労は、何気ない日常でも、生きてくるのかもしれません。

読んでくれてありがとう

キレが強いので、ガツンと飲みたい人向け

友達の家で飲んだドイツビールなんですが、バランスの良いビールで、1度飲んで貰いたいビール

ボストンラガービールは、濃厚且つ芳醇な香りで、飲む人を選ばない大変美味しいビールです。私が1番好きなビール。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアで繋がりましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる