毎週日曜更新予定 警察官になりたい方を応援をしていますので、質問があれば答えられる範囲でお答えします。

北海道の旅々1

冬の北海道に初めていく人に是非知ってもらいたい。

「街の外を歩いている人は、観光客しかいない」

新年のあいさつが遅くなり申し訳ありません。

諸事情で、更新が大分遅れてしまいました。

本年度も、温かくブログを見てくれると嬉しいです。

今回のブログは

去年の末、北海道に行き、感じたことや、体験したことを3章編成でお送りしたいと思います。

目次

序章

札幌に着き、テンション高めの観光客(私も含め)は、どんなに寒かろうが、北海道の街並みを観ようと、極寒の中を歩きます。

だが、それは命取りなんです。

気温は-8℃、今のご時世マスクをする訳ですから、マスクから出る息が蒸気となって、まつ毛に当たり、それが水滴となり、水滴が即座に凍るため、まつ毛が

氷の刃

と化します。

その話を友人にしたところ、

イルカさん(オス)

道民(北海道民の略)は、外歩かないよ。地下道か、車での移動だけなんだ。

こいたん

え?? 地下道??そんなの何処にあるんだ??

友人と札幌で合流しましたが、よくよく街を歩くと、地下道に通じる階段が至る所にあることに気付きます。

実際に、友人と地下道を歩いてみると、

地下道めちゃくちゃあったかーーい

これが一番最初に感じた感想で、

次に

めちゃ人が歩いとる!!

そうなんです。道民のほとんどは、地下道を歩くのです。

地下道は広いですが、密閉された空間でこれだけの人が歩いていていたら、コロナにもなるわな。

と、北海道でのコロナ事情に納得。

この地下道は、札幌駅からすすきの駅まで続いているため、観光客にとっても使い勝手がよく、

冬の北海道は地下道を歩くべし!

第1章グルメ編

海味 はちきょう 元祖つっこ飯

こちらは、すすきのエリアにある居酒屋で、元祖つっこ飯を注文すると、イクラを目の前で盛ってくれるサービスがあります。

あまりの盛りっぷりに度肝を抜きます。

私と友人は、小、中、大のサイズがある中、「小」を注文しましたが、それでもかなりのボリューム。

すごい迫力で盛られていきます

私達の白飯にいくらが載せられている最中、隣の席の中年サラリーマンがぽつり

レッサー(オス)

あんなにいくら食べたら痛風になるわ

こいたん

それは言わんといてーー

ちなみに、地元の人でも中々予約が取れないお店みたいで、友人は3ヵ月前に予約してくれたそうです。

皆招楼「かいしょうろう」   豚まんブレンド醤油

豚まんブレンド醤油 ¥250

すすきのエリアにある中華まんのお店ですが、今まで食べてきた 中華まんで1,2を争う美味しさです。

今回紹介する中華まんを食べる前までは、大阪や京都に店舗を構える蓬莱(ほうらい)999の中華まんが、人生で1番美味しいと感じたのですが、この中華まんを食べたことで、絶対地位が揺らぎました。

値段も安く、手軽に食べられるので、すすきのにお越しの際は是非ご賞味あれ。

佐藤 ピスタチオパフェ

札幌駅併設のデパート大丸の8階に店舗があります。

このパフェは、今までのスイーツの常識を覆すほどのインパクトがありました。

それは、1つ1つの素材が見事にマッチしており、味を壊すことなく、最後の一口まで、幸せな気持ちにさせてくれるスイーツでした。

イルカさん(オス)

ピスタチオが美味しいスイーツあるよ

と聞かされた時は、ピスタチオの味のイメージが湧かなかったため、半信半疑で食べに行きましたが、良い意味で裏切ってくれました。

東室蘭 「やきとりの一平」 うずら串

東室蘭は、3大串焼き(埼玉県松山市、愛媛県今治市、北海道東室蘭)の一つとして有名であることを、現地で知りました。

この一平は、串焼き界隈では有名なお店で、やきとり(豚串なのにやきとりと言う)は、大変肉が柔らかく、肉の甘みが強いため、関東で食べる豚串とは一線を脱する美味しさでした。

そして、数多くの串焼きがある中で、特に興味深かったのが、「うずら串」です。

ペンペン(オス)

殻ごと食べれますので、そのままいっちゃって下さい!

店員にそう言われた時は、耳を疑いましたが、カリカリの殻の触感と、黄身のとろっとした触感が見事にマッチしていて美味しい1品。

豚串を頼むときは、「精肉」という商品名になります。

函館 ラッキーピエロ チャイニーズバーカー

今回の旅で、一番度肝を抜かれた食べ物を最後に紹介します。

函館駅周辺に数多くの店舗があるハンバーガー屋で、1987年創業から、旭川のソールフードとして知られており、B級グルメ選手権でグランプリに輝いているハンバーガー屋です。

チャイニーズチキンバーガーにチーズ目玉焼きをトッピング

評価については

1に味がよく、2にリーズナブル、3に満足感があるハンバーガーでした。

1つ欠点を言うならば、

オーダーしてから出てくるまでに時間が掛かる

私の場合、レジで注文するまでに15分程並び、オーダーをしてから40分程ハンバーガーが出来るまで席で待ちました。(店内で飲食)

地元の人なんかは、お店に電話で注文してから、商品を取りに来てるみたいです。

(テイクアウトの場合)

私的な意見として、日本一のバーガー屋だと思いました。

北海道だけにしか店舗が無いのは非常に残念で、全国展開したら間違いなく流行るお店だと思う。

ただ、商品に使われる材料や、店舗ごとに内装のテーマを変えているこだわりを考えると、マクドナルドのようなチェーン店化は、難しいのかもしれません。

何とかして、関東に出てくれないかなぁ。

私の一押しのグルメを紹介しました。

次回は、第2章観光編をお送りします。

見てくれてありがとう!!

北海道の市内以外を歩くのであれば、雪が靴に入るので、ブーツが必需品です。軽く、温かく、安心の日本製なので、お勧めです。

こちらは、レディース用

耳がとにかく寒いので、この帽子を持って来ていたので、救われました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアで繋がりましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる