毎週日曜更新予定 警察官になりたい方を応援をしていますので、質問があれば答えられる範囲でお答えします。

発熱したらどうすればいい?

まず、こちらのサイトに記載されている病院に片っ端から電話します。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/soudan/hatsunetsugairai.html

発熱した場合は、コロナの有無に限らず、医療機関に電話orインターネットにて予約しなければ受診することができません。

今回は、私が発熱したのち、医療機関に受診し、コロナの陽性反応が出たまでの経緯をお話しします。

こいたん

なんか身体がだるいなぁ・・疲れが溜まっているから早く休もう

その日は、20時頃就寝についたのですが、23時頃目覚めると、身体から物凄い熱を感じました。

こいたん

これ、絶対熱あるぞ。

案の定、体温を測ってみると、38.2°ありました。

こいたん

参ったなぁー明日仕事なのに。特にコロナ特有の症状もないし、ただの風邪だとは思うけど、念の為職場に報告しておくか。

こいたん

(LINE WORKS上)
夜分申し訳ありません。今体温が38.2°あるため、明日までに体温が下がらなければ、コロナの関係も考えられるので、お休みを頂きたいのですが。

イルカさん(オス)

体調大丈夫ですか?分かりました。病院に行った時は、また連絡下さい。

解熱薬、解熱剤を使用し、体温を下げる努力はしましたが、一向に良くならず、結局仕事は休みました。

こいたん

発熱がある場合って、どうすればいいのだろう・・

とりあえず、警察官時代にお世話になっていた、

#7119(東京消防庁が病院を案内してくれる)

に電話を掛けてみました。

(交番に体調が悪い人が駆け込んできて、病院を斡旋してくれとの訴え出を受けた時に、利用していました。)

電話をしたところ

03ー6732ー8864(発熱があった場合の相談窓口)

に電話を掛けるよう勧められたので、電話を掛けてみました。

こいたん

すいません、発熱があって、○○区で発熱の症状を診てくれる病院を教えて欲しいのですが。

ラマさん(メス)

分かりました。とりあえず、該当する病院が数件あります。もし、ご自身の掛かり付けの病院があるようであれば、先にそちらに電話してみてからにして下さい。

ここから地獄が待っているとは知らず・・

とりあえず、朝イチに掛かり付けの総合病院に電話をしてみましたが、一向に繋がらず、時折電話に出たと思ったら、すぐに電話を切られ、30分ほど粘りましたが、電話が繋がりません。

こいたん

どんな事情かは知らないけど、熱で苦しんで電話しているのに、この対応は酷いだろ・・

さらに、オペレーターの方に教えてもらった他の病院に電話を掛けてみると

フォックス(メス)

すいません、本日分の発熱がある方の診療予約は一杯になってしまいました。

とか

ペンペン(オス)

発熱を診てくれる先生が、コロナになってしまって、暫く患者を診ることが出来ません。

もっと酷いのになると

土偶戦士(♂)

発熱がある方の予約は、当日のみ受けております。あいにく、本日の分は終了しました。なお、明日の分も終了しています。

こいたん

当日しか受けてないのに、明日の分が終了したってどういうことですか?

土偶戦士(♂)

うちは、他の診療の合間に診ているもので、せいぜい1人くらいしか診てません。

流石に、この対応はイラッときました。(さっきの問いの答えになっていないため)

1人しか診てないって、職務怠慢だろ。

やる気がないなら、発熱患者は診てないって堂々と言っていた方がまだマシだ。

と、熱でうなされながら、怒りが込み上げてきました。

また、ネット予約専用の病院もありましたが、すでに一杯で、私の居住区や、近隣の区の病院は全滅でした。

こいたん

さっきの電話対応腹たつなぁ。でも、そんなことばかり言ってられないし、これからどうしよう・・もう面倒だから、病院に行かないという選択肢もいいんじゃないか。

そんな考えが頭をよぎりましたが、職場に報告する手前

覚悟を決めました。

本文冒頭に記載されたURLの病院に片っ端から電話することを

いわゆる

ローラー作戦!!

警察官時代、自分の目の前を通る自転車は、片っ端から声を掛けるという作戦の電話バージョン。

病院によっては、PCRをやってくれない所や、一限さんお断りの病院があるため、そういった病院は除外し、まずは最初に1件目を掛けてみると・・

フォックス(メス)

発熱患者の受け入れはしておりますので、本日受診出来ます。何時頃が宜しいですか?

耳を疑いました。

あれだけ電話して全て塩対応だったのに・・俺は初めて人の優しさに触れたぞ。

こいたん

そ、それなら早い時間がいいのですが。

フォックス(メス)

それでは、○○時に予約致しましたので、気をつけて来て下さい。

こいたん

うぉぉぉ、助かったぁーまさか1発目で成功するなんて・・そういえば、病院の場所知らずに電話してしまったぞ。どこにあるんだろう。

電話番号の横に書かれた病院の所在地を見て愕然としました。

こいたん

え!?内幸町。これってかなり遠いやん。それを公共機関無しで行くってかい。

実話、発熱相談窓口に連絡した際

病院に行く際は、公共機関の移動手段は使わないで下さい

と、申し向けられていたため、必然的に、移動手段が自転車しか無いのです。

こいたん

おいおい、このクソ暑いのに、体温38.2°の状態で自転車漕いだら、事故るだろ。

しかし、背に腹は変えられないため、自宅から自転車で内幸町まで2時間掛けて行きました。

こいたん

うぉぉ、これはマジでやばい。いや、思い出せ。あの警察学校の時の苦行を。あれに比べれば大したことない!!

実際、予約した時間に着けないと思い、2回も遅刻の電話を病院に入れる等、熱でおかしくなった頭では、正確なルートでの移動が困難でした。

病院は、私が思っていたような場所ではなく、商業施設の地下1階の奥まった場所にある、見るからに新しい病院(サロンみたいな雰囲気)でした。

こいたん

ボロくて、雑居ビルにあるイメージだったから、見つけるの凄く苦労した・・

病院に入ってみると、発熱患者専用の診療部屋に通され、そこではNASAの技術を使った空気清浄施設が導入されており、常に空気の入れ替えをしてくれるそうです。

問診表を書き、体温を測ると

こいたん

38.7°だと!!
5°も体温上がってる。

レッサー(オス)

これは熱高いね、レントゲンも撮影しておこうか。その前に、鼻からPCR検査するから、ちょっと痛いけど我慢してね。

そういうと、長い綿棒を鼻の中に入れられ、

こいたん

ごほ、ごほ、これ尋常じゃないくらい奥まで入ってる。

なんと、綿棒が喉ちんこに触れるくらいまで入ってくるのです。

30代になってからというもの

口から胃カメラを入れられたり、肛門に指を入れられたり、鼻から綿棒入れられたりと、散々な思いばかりしてるぞ・・

レントゲンの撮影も終わり、診療室で5分程待機していると

レッサー(オス)

こいたんさん、コロナの結果出たけど、陽性だったよ。

こいたん

ええぇ、だって全然味覚もおかしくないし、ただの夏風邪じゃないのかよ。てか、つい直近で俺に接触した人いるぞ・・何て伝えればいいのだろ。

自分がコロナになったことよりも、自分に関わってしまった方が、濃厚接触者扱いになるのが凄い嫌であったため

こいたん

先生、直近で手を触れたり、食事を一緒にした人がいたのですが、その人達って濃厚接触者になるのですか??

レッサー(オス)

マスクを外して、話したりしていなければ、手を触れただけでは濃厚接触者にはあたりません。食事をした時に、1M離れていれば、マスクをしてなくても濃厚接触者にはなりません。

こいたん

手を触れた人はセーフとして、一緒に食事に行った人は濃厚接触者に該当している・・恩人なだけに言いにくいなぁ。

レッサー(オス)

処方する薬なんだけど、普通のやつとジェネリック薬どっちがいい?

こいたん

ジェネリック薬でお願いします。

ここで、私はとんでもない後悔をしました。

後になって知ったのですが、私が処方された薬は、

カロナール

という解熱薬のみだったのですが、コロナに効くとされている薬

レムデジビル、ラゲブリオ、パキロビット

があり、医師の処方箋と、薬局によっては置いてある可能性があるとのことをのちに知り、

あの時もっと薬について知識があれば、先生に確認することで、コロナに効く薬を処方してもらえたのかもしれないと思うと残念でした。

それと、びっくりしたことが一つ

薬代が

国費で賄っているため、無料なんです

こいたん

それなら、わざわざジェネリックにする必要もなかったな。もしかしたら、普通のにしておけば、レムデジビルとか貰えたかもしれなかったし・・

薬局は、診療してもらった病院から近い所にあり、発熱患者用のスペースがきちんと設置されている等、コロナ対策に特化していた薬局でした。

今回、私が診てもらった病院ですが、

中田クリニック

住所:東京都千代田区内幸町2−2−1日本プレスセンタービルB1

電話:03ー5511ー7780

中田クリニックのホームページにも記載がありますが、コロナになった証明書を書いてもらう場合は、3,000円の費用が掛かります。

私は、検査キッドをスマホで撮影させてもらうことで、職場に陽性になった報告をしました。

また、PCR検査の費用は国費扱いになるため、初診+レントゲンやら諸々

2,800円ほど費用が掛かりました。

本日のまとめ

目次

地元の病院に行きたいのなら

受付開始の時間ぴったりに電話を掛け、予約しないと受診できない。

ネット予約も然りで、受付時間と同時に予約しないと厳しい。

そのため、コロナになる前に、事前に病院をピックアップしておくなど、準備が必要。

熱がある状態で病院を探すのは、重労働になります。

もし、地元の病院が無理だったとしても、都心のオフィス街の病院なら、施設もちゃんと整っており、患者の受け入れ態勢も万全なため、受診することはできると思います。

薬についてちゃんと医師に聞いてみよう

処方されるカロナールは、普通の風邪でも処方される薬なので

レムデジビル、ラゲブリオ、パキロビット

などの薬を処方してもらえる様に交渉してみましょう。

カロナールは、確かに解熱作用はありましたが、コロナになって一番困った咳や、喉の痛み、鼻炎には全くと言っていいほど効果がなかったです。

自分で要請しないと支援物資は貰えない

陽性になると、病院からコロナ陽性者用の案内のプリントが貰えます。

そこには、今後の流れがざっと書いてありますが、その中で

支援物資(食べ物)+パルスオキシメータ(肺炎の有無を調べる)

は、電話orネットで申し込まないと貰えないことが書かれていました。

そのため、私は、もらったプリントに記載されていたQRコードを読み取り、支援物資等の要請をしました。

自分はコロナにならないだろうという慢心を捨て、なった時にどう動くかをシュミレートしておくと、私の様に熱に苦しみながら、四苦八苦することにはならないと思います。

本日も、見てくれてありがとう(現在進行形で療養中)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアで繋がりましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる